たかぽうのしんのぶろぐ

背筋を伸ばしてまっすぐに

夜の散歩でみた優しい景色

昨夜に続き

今夜も、少し散歩に出かけた。

 

 

 

 

今日は厚手のパーカーを羽織り、

寒さ対策にも万全で挑んだ。

 

 

BGMは、昨日に続き髭男。

 

 

 

僕は、わざと、普段通ったことのない道を歩く。

 

 

 

すると、こんなところに、こんな飲み屋や建物があったんだ。

 

 

とか、こんなところに広場あったんだ。

 

 

 

とか、色んな発見が出来る。

 

 

少し歩くと

 

住宅街を進んだところに、

ポツンとある公園をみつけた。

 

 

 

ベンチらしきものがあったから、

とりあえず、そこに座って一休み。

 

 

誰もいない公園。

 

 

 

 

まっすぐに、集中して、髭男を聴く。

 

 

 

 

少し経つと、犬の散歩をしているおじさんが公園に入ってきて、犬と楽しそうにはしゃいでいた。

 

 

 

僕は、なんでもない景色だけど、こういうのなんか良いな。とほのぼのした。

 

 

 

 

さらに、少し経つと、公園に大学生っぽいカップルが手を繋ぎながら入ってきた。

 

 

 

 

僕とは正反対の奥の方のベンチに腰をかけて、缶チューハイで乾杯をしていた。

 

 

 

青春っぽくて最高だなー。

 

 

 

 

僕は、そっと、音楽のボリュームを上げた。

 

 

 

数分後、空き缶を沢山集めてるおじさんが公園に入ってきたところで、僕はベンチを立った。

 

 

 

ずっと、座っていたせいか、少し冷えたので、

近くの自販機で温かい飲み物を買いに行った。

 

 

 

買ったのは、あたたかいココア。

 

 

僕は、普段ココアを飲まないのだが、

目についたから、ノリで買った。

 

f:id:taka-pou:20191111012438j:image

 

もしかしたら、令和、初めてのココアかも。

 

 

そして、さっそく一口飲んだ。

 

 

 

 

 

「味濃くて、うまっ!」

 

 

 

 

 

おもわず声が出てしまった。

 

 

 

 

 

濃い目のココア最高!!

 

 

 

 

ココアは、いつの時代も優しかった。

 

 

 

平成だろうと、令和だろうと。

 

 

 

ふと後ろを振り向くと、空き缶を沢山集めてるおじさんがゆっくりと通り過ぎて行った。

 

 

おじさんの表情も、優しかった。

君は綺麗だ

この時間に、Official髭男dismのPretenderを聴きながら

柿の種(ピーナッツなし)をボリボリ食べている。

 


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

 

こないだ、先輩たちと行ったカラオケで

この曲を聴いて以来

頭の中でずっとリピートしてる。

 

 

イントロはチャゲアスみたいだし、

「君は綺麗だー」ってとこは、くるものがある。

最高。

 

 

 

それにしても、柿の種サイコー。

柿の種は、いつどんな時に食べても、美味い。

 

 

 

個人的に、柿ピーより、柿の種オンリーの方が好き。

 

 

 

さっき、気分転換に30分くらい夜道を散歩してきた。

 

 

 

薄手のパーカーで大丈夫かなと、外へ出たけど

途中から、寒くなって、失敗したなーと思った。

 

 

 

それもそうか。

 

 

だって、もう11月だから。

 

 

 

途中、自販機でジョージア エメラルドマウンテン

缶コーヒーのホットを購入。

 

 

 

速攻で、開ける。

 

 

 

プシュとともに、湯気が出る。

 

 

コーヒーの

優しい匂いがする。

 

 

 

一口飲んで、フーっと呼吸を整え

考える。

 

 

2019年が終わるまでに、どんなことが起こるだろう。

 

 

そして、あと何ができるだろう。

 

 

さっき、通り過ぎたランニングしてるおじさんも

 

 

 

 

セブンイレブンのレジの、ロック好きそうなお兄さんも

 

 

 

 

タクシーに乗り込むハイスペックふうなサラリーマンも

 

 

 

唯一、平等なのは時間の進み方。

 

 

 

 

僕も、背筋を伸ばしてまっすぐに頑張らないと。

正しさと向き合う、杖をついたおじいさん

最近、本当に肌寒くなった。

 

それもそうか。

だって、もう11月なんだもんな。

 

 

 

今日は、10時過ぎ頃に起床。

 

眠くて、重たくなったまぶたをゆっくり開ける。

 

 

 

 

僕の部屋に、日の光が優しく入り込んでいた。

 

 

 

東京は、晴れ。

 

 

カラッとしていて良い天気だ。

 

 

早速、洗濯チャンス!と思い、洗濯機を回す。

 

 

 

 

 

洗濯している間に、気になっていた映画「ゾンビーワールドへようこそ」を観た。

 

www.netflix.com

 

 

 

ネットの評判は、知っていたが、やっぱ最高だった。※ネタバレ注意

 

 

 

ベタだけど

「これこれ!」というシーンがあって嬉しくなった。

 

 

 

さえない系が主人公で、青春感があって、ダンスやパーティーシーンがあり、

ちゃんと、笑いもあり、僕が好きなツボを抑えていた。

 

 

 

設定が、ボーイスカウトっていうのもグサグサきたなー。

 

 

 

個人的には、「カメラを止めるな!」

より、好きな感じだった。

 

 

 

 

僕は、洗濯物を終わらし、お昼になったので、パスタを茹でて食べた。

 

 

 

 

そして、午後から一人スタジオへ。

 

 

 

スタジオへ向かう途中。

 

 

駅前には、昼過ぎにも関わらず

めちゃくちゃ口喧嘩している20歳前後くらいのカップルがいた。

 

 

すると、杖をついたおじいさんが

そのカップルのもとへ駆け寄って、

 

 

 

「ここは駅前で、人も通るし、危ないからもっとあっちでやりなさい」

 

とまっすぐに正論を言い放った。

 

 

 

 

アツくなっているカップルは「は?何?ってか誰?もういいから。いこう」と

場所を移動していった。

 

 

 

僕は、その光景が衝撃的すぎて考えさせられた。

 

 

逆の立場だったら、僕はカップルにその一言をいえたのか。

 

 

カップルの男は、結構、ヤンチャな見た目だったから、

 

逆ギレされてボコボコにされるリスクもあるし、

このご時世、刺されたり、何されるかわからない。

 

 

その点、

杖をついたおじいさんは、まっすぐに、自分の正しさと向き合っていた。

 

 

 

僕は、決してその一言を、言えなかっただろう。

 

 

 

そして、僕はスタジオに着くと、すぐに、自販機でポカリスエットを買った。

 

 

そして、一気に飲み干した。

 

 

 

 

やはり、ポカリスエットは、いつも美味い。

 

 

 

 

 

それにしても、

 

ポカリスエットって、こんな甘かったっけ。

渋谷のハロウィンは無事が一番

ちょうど今頃、渋谷のハロウィンは盛り上がっているのだろうか。

 

 

 

はしゃいでいるのだろうか。

 

 

 

僕は、家で1人ギターを弾いている。

 

 

 

さっき、MacBookで渋谷ハロウィン情報を見る限り、凄い盛り上がりであった。

 

 

 

大きな事故が無いことを祈る。

 

 

そして、何気なく手にしたiPhone

 

待受に11月の文字があり、

僕は、ハッとした。

 

なるほど、そうか。

 

もう11月になったんだ。

 

令和になって、初めての11月。

 

1年も早いね!

 

あと2ヶ月だね。

 

僕は、このセリフを毎年言ってる気がする。

 

 

 

ただ、あと何回言えることが出来るだろと

中学生の時から毎回思ってる。

 

 

 

明日ですら、今日ですら、当たり前じゃない。

東京ラッシュ

日曜日の出来事。

 

昼間にめちゃくちゃ行動し、用事を済ませた。

 

そして、夜から六本木ヒルズ展望台でやっている細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」へ行った。

 

 

tcv.roppongihills.com

 

レーベル名でもある「mamolympics」のmamoクルーの先輩、うっちーさん、イケダさんと一緒に。

 

 

待ち合わせ場所は、六本木ヒルズ

なんて、オシャレな待ち合わせ場所なんだ。

 

 

普段は「●●駅のトイレ前」とか「●口近くの松屋前」とかだから仕方ないか。

 

 

19時30分ごろ、六本木駅に到着。

 

 

六本木に降りたのは、人生で10回目くらい。

 

だからなのかな。まだ変に緊張する。

そして、地下鉄から地上まで続く、無駄に長いエスカレーター。

この時間も、なんか変な感じがして、妙に落ち着かない。

 

 

地上に出ると、六本木の匂いがした。

 

 

そして、すれ違う人たちが、芸能人や金持ち社長、ハイスペックモデルさんとかに見えて変に緊張する。

 

僕は、ケツメイシを聴きながら、大きく深呼吸した。

やっぱ、最高だわー。とブチ上がる。

 

 

そして、急ぎ足で、待ち合わせ場所の六本木ヒルズへ向かった。

 

うっちーさん、イケダさんの顔を見た時、ホッと安心した。

 

 

細野観光は、40分待ちの行列。

 

 

日曜の20時近い時間なのに、すごすぎ。

ネットで調べると、昼間は、80分待ちとかだったみたい。

 

僕らは、まっすぐに列の最後尾に並んで、待つこと、約40分。

 

ようやく中へ入った。

 

中には、

当時使用されていた楽器や、細野さんが書いた漫画、幼少期から現在までのビジュアル年表などが広がっていた。

 

 

 

見渡す限り

そこには、才能しかなかった。

 

 

 

展望台で、外は綺麗だし、BGMは細野さんだし、

すごく良い空間で、まっすぐに僕の心に刺さった。

 

 

f:id:taka-pou:20191030010635j:image

 

 

 

グッズが21時までで、買えなかったのが残念だったけど、それ以外は最高だった。

 

 

 

それと「PARAISO」のレコードをみつけたとき、

大学時代、僕が片想いしてた女の子も「PARAISO」が好きだったことを思い出した。

 

 

 

 

僕は、みんなと解散した後、ゆっくりと「東京ラッシュ」を聴いて一人帰った。

 

 

帰る途中、ファミマへ寄った。

 

この時間に、いつもいるオバさんの「いらっしゃいませー」がいつもと違って優しく聴こえた。

 

 

f:id:taka-pou:20191030010825j:image

 

かなりラッキー

東京では、雨がしとしとと降っている。

 

明日も、東京は、どうやら雨みたい。

 

さっき、巨人対ソフトバンクの話で盛り上がっているおじさん2人組みがいる松屋で、

一週間だけ復活した「ごろごろ煮込みチキンカレー」を食べた。

 

 

うまっ!!

 

 

相変わらずの美味さは健在。

 

 

 

「ごろごろ煮込みチキンカレー」を食べながら

おじさん2人組みの会話を聞いていると、どうやら、巨人ファンのようだ。

 

 

2019の日本シリーズは終わった。

優勝は、ソフトバンク

だから2人とも、とても残念がっていた。

 

 

 

僕も、昨夜のニュースでハイライトをみたけど

やっぱ、ソフトバンクは控え選手含めて、強いなーと改めて思った。

 

 

そして、松屋を出て、少し散歩した。

 

 

BGMは、柴田聡子さんの新譜「SATOKO SHIBATA TOUR 2019 [GANBARE! MELODY] FINAL at LIQUIDROOM」だ。

 

 

 

昨夜から、ずっとリピートで聴いている。

 

shibatasatoko.com

 

 

もう何周目だろう。

 

 

曲も、セットリストの流れも「おおっーー」と声が出てしまうほど良い。

 

 

特に

「後悔」⇨「ラッキーカラー」の流れが完璧すぎて

聴くたび、ブチ上がってしまう僕がいる。

 

 

この時代に、このタイミングにして、この素敵な曲達を聴けて

かなりラッキー。

 

 

控えめに言って、最高。

 

 

 

この詩とメロディーの世界観は、なんと例えれば良いのだろう。

 

 

ほんものの感動をありがとうございます。

 

 

僕は、ゆっくりとボリュームを少し大きくした。

 

 

気が付くと

歩く歩幅がいつもより、広くなっている気がした。

負けてたまるか

東京は、昨夜の夜から、ずっと雨が降っていた。

 

こないだの台風でやかましいほど雨が降ったから、当分雨は嫌だなと思っていた矢先の出来事。

 

こんなことあるんだな。

本当に何が起こるかわからない。

 

ザーザーと降る雨。

 

雨の音がうるさくて、中々寝付けなかった。

そのため、ずっとネットフリックスで

フルーツ宅配便を観ていた。

 

www.netflix.com

 

前情報もなく、何気なく見始めたのだが、面白くて、気付いたら全部観てしまった。

最高だった。

外をみると薄ら明るくなっていた。

目をつむり、爆睡。 

 

 

昼ごろに目が覚めた。

 

お腹が空いたので

パスタを茹でて、ペペロンチーノをつくって食べた。

 

外では、まだ雨が降っていた。

しかも、ザーザーと。

 

 

雨嫌だなーと思いながら、近くのスタジオへ。

 

 

ひたすらギターを弾き、曲をつくった。

 

スタジオを出ると雨は上がっていた。

 

夜からの予定が急遽、無くなったので

映画「宮本から君へ」を観に渋谷へ行った。※ネタバレ注意

 

 

miyamotomovie.jp

 

ネットや、友人からは、めちゃめちゃ良いという声を聞いていた。

 

確かに、ドラマは最高だった。

でも、映画は、どうなのだろう。

 

めちゃめちゃ良いって言われても・・・本当に?ぶっちゃけ、そこまでじゃないの?

みたいに疑っている自分がいた。

 

会場に着くと多くの人が居た。

 

席は、8割ほど埋まっていた。

 

公開してから、結構経つのにすごいなーと思った。

 

 

 

そして、ついに観終わった。

 

 

一言であらわすと「涙」であった。

 

 

 

劇中、自然と泣いている自分がいた。

 

 

 

まっすぐに戦う宮本に、僕の背筋が伸びた。

いや、完全に伸びきったのかもしれない。

 

 

 

宮本のまっすぐさに、何度も、何度も

僕の心の扉をノックされた。

 

そして、心の扉をノックされるたびに胸が熱くなった。

 

これだ。まさにこれだ。

 

予想をはるかに超える良さ。

最高だった。

 

 

 

僕がバカでした。

 

 

ただ、ひとつ気になったのは劇中の”笑い”だ。

 

 

途中のシーンで何回か会場で笑いが起こったけど、

僕は、なんで笑ってるのかわからなかった。

まっすぐに、全然、笑うシーンじゃないと思った。

 

 

僕は、映画館をあとにした。

すると、そこにはいつもの渋谷の夜の街が広がっていた。

 

映画館から近くのファミマへ向かう途中、

目の前をすごい速さでパトカーが横切った。

 

赤いサイレンを鳴らしながら。

 

f:id:taka-pou:20191023012630j:image